こっそりおトクに個人輸入!!

医薬品、治療薬をこっそりお得に個人輸入!!
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    【アレグラ系ジェネリック】と【アレロック系ジェネリック】の比較
    0

      JUGEMテーマ:花粉症

       

      【アレグラ系ジェネリック】と【アレロック系ジェネリック】の比較

       

      こちらの記事もご参考に!

      「アレロックを飲むと、眠くなる、カラダがだるくなる」→その対策は?秘策あり!

       

      全身の強い「かゆみ」、呼吸ができないくらいの「鼻詰まり」、
      目が「チカチカして、かゆく」開けていられない。。

      鼻水、くしゃみ、湿疹はつらいものです。
      なった人にしか分かりません・・

       

      そのような時はまず、薬局にいきますが一日分で数百円もして、効果も
      低いと思います。

      私もそうでしたが、結局アレルギー科に通院することになるでしょう。

       

      ただこの季節は本当に「激混み」でスマホで予約するけども、2時間待ちは
      当たり前ですね・・・

      そして順番が回ってきて診察ですが、ほとんど「患部」をみることもなく
      カルテを書いて処方、ではないでしょうか?

       

      「時間と労力がムダ」です・・

      その後の調剤薬局でも「待ち時間」です。

       

      それで私はネットで調べてアレルギー薬を「個人輸入」することにしました。

      医者で処方されていたのが「アレロックの5ミリグラム」です。

      多少の眠気がありますが、かゆみにはよく効くのでこのお薬を探してみました。

       

      ◆医者からの処方のアレロック5ミリグラムです。◆

       

      アレロックの有効成分は「オロパタジン塩酸塩」です。
      見つかったのは「アレロックのジェネリック医薬品」の
      「Winolap5(ウィノラップ5)」です。
      ▼これです▼


      医者で処方される「アレロック」と同じ「オロパタジン塩酸塩」が
      5ミリグラム配合されていて効果も変わりません。

       

      ただアレロック同様、副作用として少し「眠気」があります。
      私は慣れているので感じませんが、家族が飲んだ時「眠い」といってました。

       

      この副作用は医者処方の「アレロック」も「Winolap5(ウィノラップ5)」も
      同じです。

       

      【仕事で運転をしたり、危険な作業をする人には「アレグラ系」がいいですね】

       

      アレルギー性鼻炎、じんましん、アトピー性皮膚炎の場合に医者で処方されるのが
      「アレグラ」です。

       

      アレグラはドラッグストアでも買うことができます。
      第二類医薬品として、薬剤師がいなくても買えますね。

       

      「アレグラ」が「アレロック」より人気があるのは・・
      「眠くなりにくい」からです。

       

      「運転をする仕事(ドライバー・営業職など)」や「受験生」は服用しても、
      眠くなってはいけません。
      だからクリニックや薬局でも人気があるのだと思います。

       

      ただ、かゆみやアレルギーに対する「効果」は、
      5段階とすれば「アレロック系が5」で「アレグラ系が3」となります。

       

      もちろん「アレグラ系」にもジェネリック医薬品があり、ネットで個人輸入できます。
      市販されているアレグラの有効成分は「フェキソフェナジン塩酸塩」で、含有量は
      「1錠、60ミリグラム」です。
      「一日2回服用するので、120ミリグラム」となります。

       

      個人輸入の「フェキソフェナジン塩酸塩」含有の「アレグラ系ジェネリック」は、
      「1錠、120ミリグラム」のものがほとんどです。
      「ピルカッター」で半分にカットして服用します。
      (ピルカッターは数百円で売ってますし、おまけでくれることもあります。)

       

      アレグラ系ジェネリック医薬品
      「Fexadyne(フェクサディン)120ミリグラム」
      ▼これです▼

      含有量「1錠60ミリグラム」で比較すると・・・

       

      「市販のアレグラは、約65円」
      「Fexadyne(フェクサディン)は、約17円」となり、コストは約4分の1です!

       

      もちろん「通院の時間と手間」もなく、「ドラッグストアで割高な」アレグラを
      買う必要もありません!

       

      ネットで注文すれば「約1週間」で「郵便」(ハンコを押して直接受け取り)で届きます。

       

      効き目重視なら・・
      ▼アレロック系「Winolap5(ウィノラップ5)」▼

       

      眠くなると困る人は・・
      ▼アレグラ系「Fexadyne(フェクサディン)120ミリグラム」▼


      以上です、お大事に。

       

      | 花粉症・アレルギー | 21:58 | - | - | ↑PAGE TOP
      • 1/1PAGES